技術ブログ

Developers's blog

kaggleコンペNFL Big Data Bowl で銅メダル獲得!勝因は「特徴量エンジニアリング」

2020.01.07 竹中 涼香
kaggle 機械学習
kaggleコンペNFL Big Data Bowl で銅メダル獲得!勝因は「特徴量エンジニアリング」

アクセルユニバース株式会社(以下当社)では、人が対応している業務を画像認識、音声認識、文字認識等を活用して効率化する機械学習ソリューション開発をおこなっています。


インターン生は業務の一環としてkaggleに取り組んでおり、先日のNFL Big Data Bowlコンペにて銅メダルを獲得しました。
こちらのコンペは、アメリカンフットボールのランプレイにおいて、攻撃側が進むヤード数を予測するコンペです。


メダル獲得した小野くんのコメントです。
ーーー
主な勝因は特徴量エンジニアリングの部分だと考えています。
調子に波があるだろうと考えたので選手やチームの情報は極力使わず、選手の位置情報や進行方向のベクトルを用いて様々な切り口で特徴量を作ることに注力しました。

その他、今回はカーネルコンペであったため、以前よりコーディング力がつき、メモリやコードの実行時間に対する意識も増しました。
また過学習を防ぐことの重要性を再認識しました。
ーーー


現在、解法を詳しく解説したものを公開できるように準備を進めています。


その他当社インターンでは論文のまとめ記事論文 Attention Is All You Need から Attentionモデルの解説を書いたり、実際にTensorFlowでVGG19を使ったインスタ映え画像の生成実装をしています。 随時紹介していくので是非ご覧ください!

お問い合わせはこちらから