Acceluniverse TOP KeyVisual

機械学習·深層学習で
世界を笑顔にする

ACCEL UNIVERSE CORPORATION

問題を解決するためには

お客様が見えていない価値を見つけ出すことこそ、私たちの役割

その価値を大きく広げて、さらに可能性を生み出すこと

それが私たちのひとつのゴール

NEWS & BLOG
データから簡単にレポート作成!  ーARRIA NLG PLCで自然言語生成ー

皆さんはレポートを作成する際、どのような方法で作成していますか? 膨大な量のデータを読み解き、文章を考えて、何かうまくまとまらない...... もっと簡単にできたらいいのに!と思ったことはありませんか? この記事では、Arria NLG PLCのデータから文章を生成する技術について紹介します。 1 ARRIA NLG PLCとは? ARRIA NLG PLCは2009年に設立した企業です。しかし、

記事詳細
データから簡単にレポート作成!  ーARRIA NLG PLCで自然言語生成ー
利用事例 機械学習
自然言語処理の予測理由を説明する WT5?! Training Text-to-Text Models to Explain their Predictions

概要  今回は、以前ブログで紹介したText-to-Text Transfer Transformer(T5)から派生したWT5(Why? T5)を紹介します。  Text-to-Text Transfer Transformerとは、NLP(自然言語処理)のタスクをtext-to-text(テキストを入力して、テキストを出力する)形式として考えたもので、様々なタスクでSoTA(State of

記事詳細
自然言語処理の予測理由を説明する WT5?! Training Text-to-Text Models to Explain their Predictions
機械学習 自然言語処理 論文解説
実務経験ナシでも30時間でAWSソリューションアーキテクトアソシエイトを取得する道筋

はじめに 私文大学生でクラウドの実務経験は皆無です。普段は機械学習などをぽちぽちしています。緊急事態宣言も解除され、次の試験受験を考え始めたので、次に活かせるようにソリューションアーキテクト c02に至った動機や学習方法をまとめていきます。 資格名そのままだと長いので、以降ソリューションアーキテクトアソシエイトをSAA、クラウドプラクティショナーをCLFと略します。 タイトルでは30時間で〜と謳っ

記事詳細
実務経験ナシでも30時間でAWSソリューションアーキテクトアソシエイトを取得する道筋
コラム 体験記
感染症モデルを用いた実効再生産数の予測 ーコロナウイルスはどれほど拡大するのかー

新型コロナウイルス感染症とは? 2019年12月より中国で 新型コロナウイルス ( COVID-19 )による肺炎が発生し、2020年4月現在では日本国内でも急速に感染が拡大しています。 新型コロナウイルスは、感染症法における「 指定感染症 」、及び検疫法における「 検疫感染症 」に指定され、感染が確認された患者に対して入院措置などの法的処置を取ることが可能となりました。 今回は、まず感染の拡大等

記事詳細
感染症モデルを用いた実効再生産数の予測 ーコロナウイルスはどれほど拡大するのかー
利用事例 機械学習
AIはコロナウイルスに対抗できるか?

世界で猛威を振るうコロナウイルスの抑制に向けて、AI・機械学習はどのような貢献ができるでしょうか。 政府、研究者、保健機関を支援するための早期警告、および検出アルゴリズム、患者の旅行履歴に基づく分析、そして最終的にはコロナウイルスワクチンの作成および開発まで、AIはおそらく鍵となるテクノロジーになるでしょう。今回はAI・機械学習での貢献にチャレンジしている事例を紹介します。 機械学習によるウイルス

記事詳細
AIはコロナウイルスに対抗できるか?
コラム 利用事例 機械学習
その判断、誰が決めた?説明可能なAIをExplainable AI(XAI)で解説

0. 背景 「 特徴量の自動抽出 」を行うのがDeep Learningの強みの1つですが、与えられたデータに対する推論の過程が ブラックボックス化 され、なぜその特徴量を抽出したのか説明できないという問題点もあります。 例えば、自動運転技術が搭載されている車で事故が起こった場合、「 なぜ事故が起こったのか 」という原因の究明が難しく、実用化にあたり大きなハードルになっています。 最近の機械学習関

記事詳細
その判断、誰が決めた?説明可能なAIをExplainable AI(XAI)で解説
コラム 機械学習
機械学習を知らない人への「機械学習とは」 知っておきたい概要と活用事例

最近、「機械学習って何が出来るの?」「AIとなにが違うの?」という質問を多くいただくようになってきました。それもそのはず、5年間で機械学習の検索ボリュームは約3倍になりました。 機械学習の概要やどんな課題解決ができるのか、事例をご紹介します。 目次 人工知能(AI)とは 機械学習とは 機械学習の種類 機械学習の歴史 解決したい課題別 機械学習の活用事例 コスト削減/人依存の解消/生産性向上/品質向

記事詳細
機械学習を知らない人への「機械学習とは」 知っておきたい概要と活用事例
コラム 利用事例 機械学習
人間が騙されているフェイクニュースをAIが見破れるか?

フェイクニュースは珍しいものではありません。 コロナウイルスの情報が凄まじい速さで拡散されていますが、その中にもフェイクニュースは混ざっています。悪意により操作された情報、過大表現された情報、ネガティブに偏って作成された情報は身近にも存在しています。 これらによって、私たちは不必要な不安を感じ、コロナ疲れ・コロナ鬱などという言葉も出現しました。 TwitterやInstagramなどのソーシャルメ

記事詳細
人間が騙されているフェイクニュースをAIが見破れるか?
コラム 機械学習 自然言語処理
pythonでEfficientNet + Multi Output を使って年齢予測の実装

ディープラーニングを使って、人の顔の画像を入力すると 年齢・性別・人種 を判別するモデルを作ります。 身近な機械学習では1つのデータ(画像)に対して1つの予測を出力するタスクが一般的ですが、今回は1つのデータ(画像)で複数の予測(年齢・性別・人種)を予測します。 実装方法 学習用データ まず、学習用に大量の顔画像が必要になりますが、ありがたいことに既に公開されているデータセットがあります。 UTK

記事詳細
pythonでEfficientNet + Multi Output を使って年齢予測の実装
利用事例 機械学習 画像認識
Googleが発表した自然言語処理モデルText-to-Text Transfer Transformer(T5)とは?

Googleが発表したBERTは記憶にも新しく、その高度な性能はTransformerを使ったことで実現されました。 TransformerとBERTが発表される以前の自然言語処理モデルでは、時系列データを処理するRNNとその発展形であるLSTMが使われてきました。このLSTMには、構造が複雑になってしまうという欠点がありました。こうしたなか、2017年6月に発表された論文「Attention i

記事詳細
Googleが発表した自然言語処理モデルText-to-Text Transfer Transformer(T5)とは?
機械学習 自然言語処理
高精度と話題のDeepL翻訳が日本語対応!  Google翻訳との比較

最近はGoogleを始めとする翻訳サービスにも機械学習が取り入れられ、翻訳精度が向上しています。 しかし、完璧な翻訳を求めるには精度が足りず、確認作業に時間がかかったり、翻訳されたものが正しいのか見極めるスキルが必要なケースがほとんどです。 このような課題がある中、高精度な翻訳ができる「DeepL」が、日本語と中国語の翻訳に新しく対応したので、日本語での翻訳機能を試してみました。 DeepLとは

記事詳細
高精度と話題のDeepL翻訳が日本語対応! Google翻訳との比較
コラム 機械学習 自然言語処理
紅葉と鍋と誕生日会

始めに こんにちは インターンで働いていますHです。 今回は、11月に社員の方々と東京都の高尾山にハイキングに行ったので、そのことをブログに書きました。 ハイキングに行くきっかけは、僕の趣味が山登りで社員の人と話しているうちに「じゃあ、行きましょうか」となったという、非常に軽い気持ちです。 勿論、自由参加で行きたい人を募集して行きました。 自分で何かを企画できる環境であることと、仕事ではないので参

記事詳細
紅葉と鍋と誕生日会
広報ブログ

お問い合わせはこちらから