MENU NEWS
技術ブログ

技術ブログ Developers' blog

Salesforce を活用したビジネス文書の作成(運用編)

2018.02.28
Salesforce を活用したビジネス文書の作成(運用編)

みなさん、こんにちは。

前回の「Salesforce を活用したビジネス文書の作成」(検討編・設定編)に続きまして、続編となる(運用編)をお伝え致します。
また、(設定編)では基本的な設定方法をお伝え致しましたが、今回はより実践的な見積書の作成方法をお伝え致します。

(前回)

https://www.acceluniverse.com/blog/developers/2017/09/salesforce.html
https://www.acceluniverse.com/blog/developers/2017/09/salesforce-1.html

見積書の作成方法

まずは、前回で設定した、帳票クラウド「OPROARTS」の帳票設計・データマッピングを活用する為に、以下の手順により作業を進めさせていただきます。
なお、帳票クラウド「OPROARTS」の設定手順に関しましては、前回のブログをご参照願います。

1. 「商談」見積情報の登録 : Salesforce

  • ・見積番号 : 自動付番として設定される。(AUC+西暦年月+枝番4桁)
  • ・取引先名 : 「商談」取引先名に入力する。
  • ・取引先ご担当者 : 「商談」カスタム項目として入力する。「商談」取引責任者は複数設定可能な為、あえて入力する。
  • ・品名 : 「商談」商談名に入力する。
  • ・納入場所 : 「商談」カスタム項目として入力する。
  • ・支払条件 : 「商談」カスタム項目として入力する。
  • ・有効期限 : 「商談」カスタム項目として入力する。
  • ・納期 : 「商談」カスタム項目として入力する。
  • ・備考 : 「商談」カスタム項目として入力する。
  • ・担当者 : 「ユーザ」ログインユーザ名が設定される。

    スクリーンショット 2018-02-25 15.14.57.png

2. 「商品」見積明細情報の登録 : Salesforce

  • ・内容 : 「商品」商品名を入力する。
  • ・単価 : 「商品」販売価格を入力する。
  • ・数量 : 「商品」数量を入力する。
  • ・単位 : 「商品」単位を入力する。
  • ・金額 : 「商品」リスト価格が設定される。
  • ・合計 : 「商品」リスト価格の合計が設定される。
  • ・消費税 : 「商品」リスト価格合計の8%が設定される。
  • ・総合計 : 「商品」リスト価格合計+消費税が設定される。

    スクリーンショット 2018-02-26 15.06.47.png

3. 帳票出力 : Salesforce

  • ・「商談」に登録された情報を基に、「見積書作成」カスタムボタンから起動する。
  • ・「商談」における見積書のPDFイメージが表示される。
  • ・PDFイメージからダウンロードして、お客様に御見積書を送付する。

    スクリーンショット 2018-02-25 15.17.03.png

おわりに

本件の運用を開始して以降も、いくつかの改修を経ながら帳票設計の見直しを図っていますが、細かな要求にも対応できており、試行錯誤が可能な点が利点かと思っています。
せっかく導入した Salesforce の社内活用が進まないという方、Excel・Word の文化から逸脱できないという方、ぜひご検討して頂きたいです。

みなさんもお試しになってみては、いかがでしょうか?

アクセルユニバースは、AWSパートナーネットワーク(APN) AWSコンサルティングパートナー企業です。

アクセルユニバースは、Salesforce registered consulting partner企業です。