社員インタビュー

AUC Members

全員トライするから失敗しても大丈夫、心理的安全性を高める工夫
竹中涼香/ディレクター

2021.10.26

アクセルユニバース株式会社 ディレクター 竹中涼香 さん


アクセルユニバース(以下、AUC)で、ディレクターとして働く竹中涼香さんに、AUCの魅力や「どんな人がAUCに向いているのか」などについてお話を伺いました。


ひとりではできないこともチームならできる。


―竹中さんがAUCを知った経緯について教えてください。

竹中さん:転職サイト経由の会社説明会案内でAUCを知りました。

前職では、柔道団体戦スタイルのチームで働いていました。個人が1対1で業務して、その結果が積み上がっていくスタイルです。 チームで働く際に、1+1が2以上になる組織づくりに興味があり、チームだからこそメンバーの強みが活きる組織に憧れていました。

そのタイミングでAUCから会社説明会の案内をもらい説明会に申し込みました。心理的安全性を高め、個人の能力を引き出す会社を目指すところに惹かれました。


―それで代表の山根さんとお会いになったんですね。

竹中さん:実際に会ってびっくりしました。「おお、関西弁だ」って。 心理的安全性を掲げるって、こんなに素の自分でいられるんだ...が第一印象でした。

2021_7_29_aux-216.jpg


顧客からの厚い信頼を受け、やりがいを持って仕事に取り組める


―AUCで働く魅力はどんなところでしょう?

竹中さん:お客様が私達を人として見てくださるところです。 「ベンダー担当者」ではなく、「竹中さん」として接していただけて、本当に嬉しいですし、フロントでやりとりをしている私だけでなく、チームのエンジニアに対しても同じ様に接していただいています。

私は働く上で「誰とでも仕事ができるようなキャリアを築きたい」というポリシーがあります。AUCの、お客様、社内のメンバーに関わらず、お互いを理解し合える環境に身を置ける部分が魅力です。

2021_7_29_aux-379.jpg


ベンチャー的な働き方をしながらも、大きな案件に携わりたい人はマッチするはず


―竹中さんご自身はエンジニア出身ではありませんが、技術的な知識はどのように補っているのでしょうか?

竹中さん:頑張って勉強し続けています!また、エンジニア経験はないですが、新卒からシステム会社で働いているので技術に抵抗はありません。

AUCは新しい技術をどんどん取り入れる社風なので、常に勉強し続けることは私もエンジニアも同じです。


―AUCはどんな人が入社して働くのに向いている会社だと思いますか?

竹中さん:AUCはベンチャーならではのスピード感、チャレンジ思想を持ちながら、大きな規模のお客様と一緒に仕事ができる会社です。社内外の変化を感じ、自然と自分も成長できる環境です。成長実感が欲しい人、ひとりではできない仕事をチームで成し遂げたい人には適切な環境だと思います。

2021_7_29_aux-57.jpg

お問い合わせはこちらから