MENU NEWS
広報ブログ

広報ブログ Public relations' blog

インターン生として過ごして

2018.06.21大瀧健児

2018年度新卒入社いたしました、大瀧と申します。

 

私は大学3年生の秋頃から、およそ1年半の間インターン生として弊社で業務に携わらせていただいていました。

インターンに申し込もうと思った理由は学校で夏休みの間にインターンに申し込むように言われたから、という後ろ向きな理由でしたが今となってみれば大変貴重な経験を積むことができたと感じています。

当時、情報系の学部に属しており、ある程度の知識をつけはじめていた私ですが、それはあくまで学校の授業の範疇でした。いざインターンシップに参加してみると戸惑うことだらけ、右も左も分からない状態で、最初の頃は言われることをわからないけどわからないなりに必死にこなしていくので精一杯でした。

しかしそれでも続けて行くことで、次第に自分の現在位置と現場との距離感を感じることができました。この現場で必要とされる能力と自分の能力のギャップを感じることができたというのは最初の大きな成果でした。

能力の未熟さは社員として働いている今でも感じている部分がたくさんありますし、これからもなくなることはないのではないかと思います。インターンシップを始めた頃よりも小さくなっていることは確かですが、それでも少し成長したと思った先で新たに自分の未熟さに気づき、また成長していくのだと思います(そう思いたい)。

 インターン生として過ごして、もちろん技術的にも成長することができましたし、学生のうちにこのような経験できたことで自分の将来の目標をリアルに感じることができたのも大きな成果だったと思います。

アクセルユニバースは、AWSパートナーネットワーク(APN) AWSコンサルティングパートナー企業です。

アクセルユニバースは、Salesforce registered consulting partner企業です。