技術ブログ

Developers's blog

高精度と話題のDeepL翻訳が日本語対応! Google翻訳との比較

2020.03.26 竹中 涼香
コラム 機械学習 自然言語処理
高精度と話題のDeepL翻訳が日本語対応!  Google翻訳との比較

最近はGoogleを始めとする翻訳サービスにも機械学習が取り入れられ、翻訳精度が向上しています。

しかし、完璧な翻訳を求めるには精度が足りず、確認作業に時間がかかったり、翻訳されたものが正しいのか見極めるスキルが必要なケースがほとんどです。

このような課題がある中、高精度な翻訳ができる「DeepL」が、日本語と中国語の翻訳に新しく対応したので、日本語での翻訳機能を試してみました。


DeepLとは

DeepLはドイツのケルンで開発された深層学習(ディープラーニング)を用いた人工知能(AI)による翻訳システムです。以前から英語・オランダ語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ポーランド語・ポルトガル語・ロシア語・スペイン語などの言語に対応していましたが、2020年3月19日から日本語と中国語にも対応したと発表されました。

DeepL翻訳が日本語と中国語を習得
https://www.deepl.com/blog/20200319.html

2020年初めにDeepL翻訳はニューラルネットワークの大幅な改善を行い、日本語と中国語の翻訳精度が向上しました。日本語と中国語の翻訳精度を他翻訳と比較したグラフです。
DeepL


Google翻訳と性能比較

DeepLではどの程度の翻訳ができるのでしょうか。
AIができるコロナウイルス対策について紹介している文章の冒頭を翻訳しました。
Fighting the Spread of Coronavirus with Artificial Intelligence
https://tractica.omdia.com/artificial-intelligence/fighting-the-spread-of-coronavirus-with-artificial-intelligence/

DeepL

ほとんど完璧な翻訳です。Google翻訳と比較してみましょう。
前半はほぼ同様の訳のため割愛し、後半のHowever以下を掲載します。少し苦戦しているようです。
DeepL

Google翻訳では訳しきれていない部分があります。その他にも理解はできますが、やや首を傾げる箇所もあり、この文章ではDeepLの方がスムーズな翻訳ができていることが分かります。


機械学習、深層学習は学習のために翻訳前後をセットにして学習させ、精度を向上していきます。 今後も更に学習を進め、精度向上していくでしょう。


Twitter・Facebookで定期的に情報発信しています!

関連記事

人間が騙されているフェイクニュースをAIが見破れるか?

フェイクニュースは珍しいものではありません。 コロナウイルスの情報が凄まじい速さで拡散されていますが、その中にもフェイクニュースは混ざっています。悪意により操作された情報、過大表現された情報、ネガティブに偏って作成された情報は身近にも存在しています。 これらによって、私たちは不必要な不安を感じ、コロナ疲れ・コロナ鬱などという言葉も出現しました。 TwitterやInstagramなどのソーシャルメディアでは嘘みたいな衝撃的なニュースはさらに誇張な表現で拡散

記事詳細
人間が騙されているフェイクニュースをAIが見破れるか?
コラム 機械学習 自然言語処理
【M-1 記念】ミルクボーイを機械学習で再現してみた

【ネタバレあり】 皆さん今年のM-1グランプリご覧になりましたか? 今年はミルクボーイさんが見事歴代最高得点で優勝しました。本当におめでとうございます! ミルクボーイさんといえば 「それコーンフレークやないかい!」 「いやほなコーンフレークちゃうやないかい!」 と一方の文章に対してもう一方がコーンフレークかどうかをつっこむ、というネタですよね。 そこでテレビを見ながら思ったわけです。 「これって、機械学習でできるんじゃね?」 与えられた文章に対して、それが

記事詳細
【M-1 記念】ミルクボーイを機械学習で再現してみた
コラム 機械学習
現場担当者向け!AI・機械学習の検討ステップと導入効果

最近、AI・機械学習のビジネスへの活用がさかんになっています。 その中でこういったお困り事はありませんか? トップダウンで「取り敢えずAI・機械学習を導入してほしい」と言われたけど何から始めればいいか分からない AI・機械学習の導入を検討したけど机上の空論になってしまった 社内にAI・機械学習の導入を提案したいけど、提案書がまとまらずに苦戦している 本記事ではそんな方向けにAI・機械学習の検討ステップと導入効果をご紹介します。 検討ステップ 1.AI・機械

記事詳細
現場担当者向け!AI・機械学習の検討ステップと導入効果
コラム 利用事例
業種別 AI利用事例と最近の活用傾向

最近は今までに増してAIや機械学習を検討する企業が増えています。 しかし、導入検討にあたり、AIでなにをやるのか/なにを解決するのかという、導入目的を決めあぐねているケースも多いと耳にします。 本記事ではAIはどのような業種で、どんな目的で導入されようとしているのかを紹介し、 AI活用例と解決できる課題(導入効果)をお伝えします。 『こんな使い方が自社に役立つな』や『AIでこんなことをやりたい』をみなさんのお土産にできるように書き進めています。 検討段階の

記事詳細
業種別 AI利用事例と最近の活用傾向
コラム 利用事例 機械学習

お問い合わせはこちらから