技術ブログ

Developers's blog

機械学習活用事例|ドーナツ自動判定による無人レジの検討

2020.02.25 宇田川 忠朋
利用事例 機械学習
機械学習活用事例|ドーナツ自動判定による無人レジの検討

はじめに

 ドーナツを買おうと店内を覗くと、大勢の人が並んでいて買う気をなくしてしまうことがよくあります。

行列を解消すると更に多くの人がドーナツを買い、売上げアップはもちろん、新しいお客さんを獲得するチャンスにもなるのでは...。と気づきました。
そのために店頭業務をスピードアップしてお客さんを待たせない仕組みを作ることが必要です。今回はドーナツ屋さん店頭業務の効率化について考えてみました。

現状、時間短縮の要因は

  • お客さんがドーナツを選ぶ時間が長い
  • ドーナツをレジ打ちする時間が長い、またはミスがあり時間がかかっている

    お客さんにより満足してもらうために、2点目に注目し実現方法を検討しました。


レジ打ち自動化にむけての課題

 現在、レジ打ちの自動化を実用しているお店はよく見かけます。例えば、GUではRFIDを用いてカゴを機械の中に入れただけで商品が登録され、お会計に進めます。しかしこれをドーナツに適用するのは難しいです。
なぜならば、ドーナツそのものにタグは付けられません。タグを付けることなく、GUのような無人レジを実現するにはどのようにすればよいでしょうか。
この問題は機械学習を使うことで解決できます。


解決策|機械学習を用いたドーナツの無人レジ


 機械学習を用いてドーナツの検出と判定を行い、名前と金額を表示しました。
精度は95%以上でドーナツが裏返っていても問題なく検出できています。

 このようなドーナツ検出器があれば次のような利点があります。

  • 機械が判別し、レジでの時間短縮
  • 回転率が上がり、多くのお客さん対応ができる
  • 従業員を使わずに会計ができ、人件費削減  - 人の疲れによる見落とし、ミスがなくなる


ドーナツ検出の応用

 機械学習でのドーナツ検出により、RFIDを使うことなく無人で金額の計算をすることができました。
これにより、タグを付けることができない商品にも無人レジで対応することができます。

 また、農作物の最適な収穫時期を知らせる機械にも応用する事ができます。
収穫する予定の農作物の写真を撮り、機械が今収穫することが最適か判断します。人が農作物の最適な収穫時期を判断するには慣れるまで時間がかかりますが、機械が行えばそのような時間は必要ありません。


終わりに

 今回はドーナツの無人レジによってどのようなことが実現可能かを記事にしました。
次回は、ドーナツ検出の技術を紹介します。


Twitter・Facebookで定期的に情報発信しています!

関連記事

AWSを利用した弊社の開発環境

目次 AUCの使用ツール GitHub、CircleCI使用までの流れ AWSの構成図 まとめ AUCの使用ツール 弊社ではGitHubとCircleCIの2つのツールを利用し、DevOpsの概念を実現しております。 DevOpsとは、開発者(Development)と運用者(Operations)が強調することで、ユーザーにとってより価値の高いシステムを提供する、という概念です。  開発者は、「システムへ新しい機能を追加したい」  運用者は、「システムを

記事詳細
AWSを利用した弊社の開発環境
利用事例
機械学習で採用予定人数を予測する。狙い目企業はどこ?

2022年卒大学生の皆さん! コロナウイルスが流行していることで就活にどういう影響があるのか、とても不安ですよね。 今回は業界ごとに採用人数を予測し、「どの業界が狙い目なのか」機械学習を使った分析手順を紹介します! 目次 概要 手順 今後の課題 1.概要 データセットの内容 分析対象の7業界・各4企業 化粧品 電子機器 商社 不動産 金融 サービス IT・情報 説明変数と目的変数 特徴量 年初の株価、決算報告書提出翌日の株価、一株あたりの純資産額、従業員数

記事詳細
機械学習で採用予定人数を予測する。狙い目企業はどこ?
利用事例 機械学習
機械翻訳の歴史と今後の可能性

目次 機械翻訳とは 機械翻訳の手法 現在の機械翻訳の欠点 欠点が改善されると 今後の展望 機械翻訳とは 機械翻訳という言葉を理解するために2つ言葉を定義する。 系列 : 記号の列のことで自然言語処理の世界だと文を構成する単語の列になる。 系列変換モデル : 系列を受け取り、それを別の系列に変換する際の確率をモデル化したもの。系列変換モデルはseq2-seqモデルとも呼ばれている。 この2つの言葉から機械翻訳は、ある言語の文章(系列)を別の言語の文章(系列)

記事詳細
機械翻訳の歴史と今後の可能性
利用事例 機械学習 自然言語処理
機械学習で為替予測(FX)をしてみる

こんにちは。 皆さんはFXでお金を稼ぎたいと思ったことはあるでしょうか?もしFXでこれまでの生活を一変させるような額のお金を稼ぐことができたら夢のようですよね? 今回はそんな夢を目指して、為替の値動きを機械学習で予測してみたというお話をしたいと思います。 目次 概要 手順 結果 今後の課題 1 概要 使用したデータセット:OANDA APIを用いて取得 https://www.oanda.jp/fxproduct/api (デモ口座を開設することにより、無

記事詳細
機械学習で為替予測(FX)をしてみる
利用事例 機械学習

お問い合わせはこちらから